ダイエットとむくみの関係

朝起きたら顔が腫れている。夕方や夜になると、靴など履物がきつく感じる。
なんてこと感じたことはないでしょうか?

実はこれ、むくみが原因なんです。
むくみは皮膚の下に水分が溜まることでおきるのですが、中には病気が原因でおこることもあります。
たとえば心臓や腎臓が悪い場合などです。


心臓は血液を全身に送るポンプの役目がありますので、血液を送ると同時に全身から血液が戻ってきます。
ところが、心臓のポンプ機能が悪くなると血液を送れなくなったり、遅れても戻ってこなかったりして結果、循環状態が悪くなり、体内に血液が留まりむくみとなるのです。(簡単に述べましたが実は大変怖い病気が隠れています。)


また、腎臓も非常に血液が多く流れる臓器です。
簡単にいうと、腎臓に流れた血液はここで身体に必要なものと要らないものに分けられ(濾過:ろか)要らないものは尿となって体外に排出されます。
腎臓の働きが悪くなると濾過がうまくできなくなり、つまり体外に尿として排出する働きができなくなり体内に留まってしまい結果むくみとなるのです。(これも大変な病気が原因で起こります。)

あまりダイエットと関係ないのですが、参考まで。


夕方や夜むくんで朝はまたすっきりしていれば問題ないのですが、ダイエットという考え方からすると、むくみは無いほうがワンサイズ細く見えます?し、どんな理由があるにせよむくみがあることは体内の水分の循環が悪いのが原因ですからそれを除いてあげるのがダイエットに繋がるのではないでしょうか?

むくみは特に女性にとって大きな悩みのひとつです。
むくみは体内循環の悪さだけでなく、なんたって見た目もワンサイズアップのように見られるからです。

それでは、どうしてむくみが起きるのでしょうか?
重大な病気が隠れている場合は別として前述したように、原因のひとつに体内の循環が悪くなったときに起きます。

たとえば仕事で1時間以上椅子に座りっぱなしなど、末梢(足など)を長時間心臓より下にした同じ態勢でいた時は要注意です。
心臓から送られた血液は動脈と呼ばれる血管により全身にまわり、栄養を与えまた心臓に戻ってきます。

栄養の無くなった血液は心臓にもどってくるまで静脈と呼ばれる血管に運ばれてきますが、静脈はそれ自体弁が付いていて心臓に戻ろうとする血液が逆流しないような働きがあります。しかし、逆流は防いでくれますが動脈みたいに圧は強くありません。(ちなみにリンパも同じと思ってください。)

したがって、心臓に血液を戻すためにはそれなりの圧力が必要です。
なんせ、低いところから高いところへ運ばなくてはいけませんから。

その圧力の役割を担っているのが筋肉です。これは一般に筋肉ポンプと言われています。
長時間座っていたりすると、筋肉が使われないため循環が悪くなるのです。
女性は男性に比べむくみやすいのは、女性は筋肉が少ないからなのです。

確かに仕事が忙しく座っていなければならないのは仕方のないことかもしれませんが、せめて1時間に1回くらいは椅子から立ち上がり膝の曲げ伸ばしをしたり、かかとを上げ、つま立ちするくらいの運動は必要ではないでしょうか?
お昼休みなどは軽く散歩をしてみたり、仕事が終わった帰りは少し遠回りして歩いたり、下半身を使う意識を心がけることによって充分むくみを解消できます。
常に意識をすることが最も重要なことなのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。