むくみとダイエットの関係

リンパは総合的な言葉であり、一言でいうとリンパ系のことをさします。

リンパ系は複雑な働きをするリンパ器官(リンパ管、リンパ節、胸菅など)から成りますが、簡単にいうと、運搬する役割と免疫の役割です。

組織から余った液を取り除いたり、消化吸収された脂質を循環系まで運んだり、また、免疫担当の細胞を作ったりするのです。そしてやがて、循環器へと繋がります。

構造は血管の静脈とよく似ていて逆流しない弁があり、平滑筋(手足を意志で自由に動かしたりできる骨格筋ではなく、腸等内臓を動かしたりする自分の意志では動かすことのできない筋肉)が周りを囲んでいます。

また、心臓のようなポンプ機能はないため、平滑筋による蠕動(ぜんどう:腸等食べ物を先へ送ろうとする働き)の他、近くの骨格筋による収縮、動脈の拍動の助けにより、リンパ菅内のリンパ液は流れています。

ただし、その動きはとてもゆっくりなため、骨格筋の動きが少なかったり、血管の拍動が弱すぎたりするとリンパ管の働きが悪くなり、リンパ管はこのほかに細胞からの老廃物のやり取りの役割がありますから、リンパ液が滞ったり、老廃物のやり取りがうまくいかないとむくみの原因となります。

これが、下半身の運動をしたり、リンパマッサージをしてむくみを解消する理由です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。