寝る前のたった5分のストレッチでぽっこりお腹、むくみ解消

「1日5分間だけ、寝る前の運動で、くびれを作る骨盤ダイエット」

「本当にそれだけで効果がえられるの?」と思われたかもしれませが、本当です。
専門的な話になりますが、なぜ「5分間」だけでよいのかご説明すると、「インナーマッスル」という言葉をご存知でしょうか?
「聞いたことぐらいなら」と言う方もおられると思いますが、人の筋肉は大きく分けて2つあります。

1つは「アウターマッスル」、もう1つは「インナーマッスル」です。
この中で一般的に指す「筋肉」と言えば「アウターマッスル」と思っていただければ良いかと思います。
身体の表面を覆っていて、何らかの動作を行うとき使われる筋肉です。

では、「インナーマッスル」とはどこにあり、どのような働きをしているのでしょうか?
「インナーマッスル」とは主に、肩・背中・腰にありますが、分りやすい箇所でいうと、股関節の場合、大腰筋、腸骨筋と呼ばれる筋肉が「インナーマッスル」にあたります。

特に大腰筋は上半身と下半身をつなぐ、唯一の筋肉です。
背骨や骨盤を支えたり、太ももを上げる起点となる、とても重要な筋肉で、身体の外側から触っても確認できない筋肉です。

このように骨格を支え、私たちの姿勢を保っている筋肉になります。
そしてキレイなウエストラインを手に入れるための鍵が、実はこの「インナーマッスル」そして「骨盤」だったのです。

ダイエットの大敵 ⇒ 骨盤のゆがみ!?

では、なぜこの「インナーマッスル」を鍛えることがダイエットになるのでしょう。
「インナーマッスル」は骨格をささえる役割を果たしています。
 現代人は歩く機会が少なく、また長時間のデスクワーク等によりこの「インナーマッスル」が弱くなっていることが多いのです。

「インナーマッスル」が衰えてくると、骨盤が前もしくは後ろに傾いてしまったり、正しい姿勢がキープできずに、猫背になったりします。
そうなると、腹筋や背筋も弱まり、おなか周りがたるんできて、姿勢が悪く見えるばかりか、内臓が下垂して下腹部が出てきてポッコリお腹になってしまったり、リンパや血液の流れが滞りむくみやすくなったり、更には交感神経の働きが低下し、最終的には、身体全体が太りやすい身体になっていくのです。

ネガティブなことばかりが並んでいますが、逆に言えば、「インナーマッスル」を鍛えて、そして柔軟性を上げることによってそれらのことは解決するのです。

骨盤のゆがみが改善され、姿勢が良くなり、おなか周りのたるみがなくなり、下腹部のポッコリがへこみ、リンパや血液の流れが良くなってむくみが改善し、交感神経の働きが正常になり、さらに太りにくい身体になる。
こんなに嬉しいことが連鎖的に起こるのです。
「今すぐにでも始めなければ!」と思いますよね?

"筋肉を鍛えるのにストレッチ?"
ところで、「筋肉鍛えるなら筋トレが必要!」と思っていませんか?
半分正解で半分間違いです。
従来の筋トレではアウターマッスルは鍛えられますが、インナーマッスルを鍛えることはできないのです。

では、インナーマッスルを鍛えるにはどうすればよいのでしょうか?
それは、ストレッチです。
「ストレッチだけ?」そう思われたかもしれません。不思議に感じるかもしれませんが、インナーマッスルを鍛えるには、腹筋や腕立て伏せのような、きつい運動は必要ないのです。
と言うよりも、腹筋や腕立てをいくらしたとしても、インナーマッスルを鍛えることはできません。

インナーマッスルは軽い負荷で筋肉を意識しながら行うことで鍛えられます。
そのために一番適している運動が「ストレッチ」なのです。

しかし、ただ闇雲にストレッチをしてもあまり効果は期待できません。
なぜなら、人はそれぞれの生活スタイルや癖などによって、「インナーマッスル」の衰え方、しいては「骨盤」のゆがみ方が変わってくるからです。

それぞれのタイプに合ったストレッチを行い、結果、一日たった5分間のストレッチでも最大限の効果が期待できます。
しかも、体調までもが改善し、体重が減っていきます。

痩身に効能があるのはもちろん、健康にも繋がるダイエット。望むようなウエストラインと太りにくい身体、さらに美脚までも手に入れることができるのです。

自分に合った"正しいダイエットを知る。" これこそが、ダイエットへの近道なのです。

プロが教える真実の部分やせ理論

パーソナルダイエットトレーナー 管理栄養士 健康運動指導士 プロとしてのダイエット指導。現時点で世界中でこれ以上のものはない!

・○○呼吸だけで、1か月お腹周り14センチダウン
・プロが教える真実の部分やせ理論とは?
・食べ痩せの真実
・3日間で2キロ落とす、瞬間ダイエットプログラム
・甘いものダイエット
・過食対処法
・油使用法
・いくら食べても太らない、驚きの食事法
・正しい減塩法
・モデルや主婦、学生、中年男性、更年期の女性など幅広く対応した方法

このダイエット法の特徴は、「痩せた後も綺麗さを保っている」という点と、「国家資格を持つダイエットのプロが監修している」という点です。

痩せたあとにやつれたようになっているものや、返金制度がない、画像が不自然というようなダイエットノウハウなど、詐欺に等しいと思います。

ファッションモデルなどが極秘で行う、短期型即効ダイエットの秘密を数々の国家資格を持つ
プロ中のプロのダイエットトレーナーが教えます。

98パーセントの人が誤った短期集中ダイエット法は確実にリバウンドします。
現役のファッションモデルがショーの直前などに行う、3日で2キロ落とすダイエット法の存在をご存じですか?
痩せた後も綺麗さを保っているという点と、痩せたあとにやつれたようになっているものは詐欺。
ファッションモデルなどが極秘で行う、短期型速効ダイエットの秘密を数々の国家資格を持つプロ中のプロのダイエットトレーナーが教えます。
ファッションモデルなど、仕事として痩せた体型を維持しなければならない人たちは、激しい運動や大金を投じてエステに通い続けているわけではありません。

ではどうして体系を維持しているのでしょうか。
多くのファッションモデルや、読者モデルは、モデルとしての仕事だけで食べていけるほどの給料はもらっていません。
ほとんどのモデルさんたちは、別に仕事を持っているか、親の援助を受けてモデルとして仕事をしているのです。

しかも、ほとんどのモデルさんは固定給などではないので、稼げるときは稼ぎますが、仕事がない時は全くなかったりと、非常に苦労されている方が多いようです。

その中で、高額なエステに通い続けたり、ハードな運動で痩せたりできるわけありません。
それでも、あと1週間でショーがあるときや、水着ショーが直前に控えている場合などは、なんとかして理想体型までもっていかないといけません。自分の代りはいくらでもいるのです。

ここで、間違ったダイエット知識を持ったまま、誤った食事制限や厳しい運動をしてしまうと栄養バランスの崩れや、身体に負担をかけすぎてしまうことによって、最悪、モデルとしてもっとも大事な「若々しさ、綺麗さ」まで失ってしまうのです。それはモデルにとって致命的です。
ほんのちょっとしたことが原因で、全く仕事がなくなる、そんなせかいです。

よくテレビなどでもダイエット商品の販売で「痩せました」という成功例が出ていますが、痩せていることは確かに痩せているのですが、ムリなダイエットでやつれ、シワが増えてしまってちっとも健康的に見えない人が多いです。

ビフォーアフターの写真なんか証明の当て方が全く違っていたり、表情まで変えて写しているのですから、違って当然、よく見えて当然です。
ですが一般の方は騙せても、プロのダイエットトレーナーから見てみると、間違いなく失敗例です。

いくら短期間に痩せないといけない!といっても、メークでごまかさないと生気が感じられないほどやつれ、シワまみれになるような間違ったダイエット法はしていいわけありません。

現在非常に多くのダイエットマニュアルが出回っていますが、多くのマニュアルはとんでもない勘違いをしていると思います。

水で痩せる
水を多く飲んで痩せるというものはもはや誰でも知っている常識ですが、水を大量に飲んではいけない人にはちゃんと指導していますか?飲む前に警告していますか?水には正しい飲み方がありますが、それもちゃんと教えていますか?

減塩をして痩せる。
そんなの常識です。塩分を抜くと痩せるというダイエット法は多いですが、正しいダイエット法を知らないと大変なことになります。

バランスよく食べれば痩せられる
管理栄養士でもない人が「バランスよく食べる」という意味を本当にりかいできているのか極めて疑問です。自分の体質に合った食事法をプロの知識から吸収してください。

甘いものを使って食欲を落とせば腹いっぱい食べれる。
たしかにそれはその通りですが、それだけでは痩せられない人が実は多くあることをご存知でしたか?しかも、人によっては恐ろしい病気になる可能性まであります。それを知らずに甘いものの活用法など教えたら、訴えられますよ。

油を摂れば、痩せる。
人体の維持に適切な脂分の摂取は欠かせません。そんなの常識です。ただこれも「私の身体はこれで大丈夫」といっても、他の人もその基準が正しいとはいえない場合が非常に多くあります。そこまで分かって言っているのでしょうか?特に油は高カロリーですので、適切な種類や量の指導は専門知識は必要となってきます。

モデルやボクサーがやっているダイエット法だから痩せられる。
これも危険な勘違いです。このようなダイエット法の多くは、自分と同じ体質や手間隙かけられる人にしか通用しない方法ばかりです。

何事も「できない、できない」と言って「できない」ことばかりを数えているようであれば成功することはできません。これはダイエットに限ったことではありませんが。
でも自然に「できない」と思っていたこともできるようになって、「できること」が無理なく増やせます。
そう、あっけにとられるほど今まで普通に出来ないと思っていたことが、思い通りにいく瞬間がくるのですから。

リバウンドしてしまうということは、そのダイエット法になんらかの欠陥があるということなのです。

では、リバウンドしてしまう誤ったダイエット法の特長を2つご説明します。

その1
お金がかり過ぎるダイエット法
某ダイエット食品などは1ヶ月続けるのに最低3万円、つまり、お金がなくなってしまうともちろん続きません。
中身は単にカロリーオフの食品ですので、辞めた瞬間カロリーオーバーの生活に逆戻りしてしまい、自然と体重は元に戻るか、それまでの飢餓状態が災いして、さらに太ろうとする、一般的に言うところのリバウンドを引き起こしてしまうのです。
カロリーオフは日常のちょっとしたことに気をつけるだけで、簡単に実現できますし、しっかり食べながら痩せるなんてことも実際、たやすいことです。

その2<br>
続けることがストレスになるダイエット法
体を激しく動かす系のダイエット法が非常にブームになりましたが、あそこまでハードだと多くの人はきっと続けるのが非常に困難だったと思います。
実際のダイエットの成功は、微妙なバランスの上で成り立つことが多いのです。食事だけでもダメ、運動だけでもダメ。
同じ運動をしていても、ある人は全く問題ないけど、ある人にはそれが非常に強いストレスになることもあります。

つまり、それぞれの人に合ったプランを提供できないとダメなんです。

本当に正しいダイエット法には、リバウンドはありえません。

ダイエットの基本は、適度な運動を行い適度に筋肉を刺激することで、基礎代謝を上げること。
食べないダイエット法などはダイエット法ではありません。正しいダイエット法は、お腹いっぱい食べ、お酒も飲め、幸福感を満喫できる方法なのです。


モデルの瞬間ダイエット【モデ瞬】ファッションモデルの短期型体質改善ダイエットを教えます。○○呼吸だけで、1か月お腹周り14センチダウンプロが教える真実の部分やせ理論とは?食べ痩せの真実。3日間で2キロ落とす、瞬間ダイエットプログラム。甘いものダイエット。過食対処法。油使用法。いくら食べても太らない、驚きの食事法。正しい減塩法。モデルや主婦、学生、中年男性、更年期の女性など幅広く対応した方法など、医学的根拠に基づいたプロが指導。現時点では世界中でこれ以上のものはない! 竹内有美子著

自然に脂肪が落ちていく

ダイエットのプロが教える寝る前わずか5分でくびれを作る骨盤ダイエット 〜 自然にゆがみ脂肪が落ちてゆく 〜

持続するダイエットには

「運動」「栄養」「休養」

この3つのバランスが大切です。

まずは「食事」です。

ダイエット中は食事を必死で我慢しなければいけないものだ、と考えていませんか?
実はそれは大きな間違いです。
逆にしっかりと食事を摂ることが重要です。

確かに一見簡単に「消費カロリー>摂取カロリー」にすることができそうですので、「食べないこと」には効果がありそうな感じがします。
しかし、その時身体の中で減っていっているものは「脂肪」ではなく、主に「水分」と「筋肉」なのです。

つまり、どういうことかというと、人の身体を作り、動かしているのはまぎれもなく食べ物から得られる栄養です。
ダイエットの敵のように思われている「炭水化物」や「糖分」、「脂肪」でさえ必要不可欠な要素なのです。それが不足してくるとどうなるでしょうか?

まず身体(特に脳)は必要なエネルギーを確保するために、筋肉を分解してエネルギーを作り出します。
と同時に、できるだけ少ないエネルギーで動くように省エネを身体に通達します。これにより、よりカロリーを消費しづらい身体になります。

これは、身体が現在の状況を危険と判断し、生命を維持していくために起こす反応で、「ホメオスタシス(恒常性)」と言います。
本来ならばとてもありがたい反応なのですが、ダイエットの点から見れば非常にありがた迷惑です。
さらに、危険を感じている身体は、次に入ってきたエネルギーをなるべく蓄えておくように働きます。
エネルギーの貯蔵庫と言えば脂肪です。
これで痩せにくく太りやすい身体の出来上がりです。

つまり、食べることを我慢すればするほどリバウンドに陥りやすくなるのです。
確かに、暴飲暴食、偏食は駄目ですが、そうでなければ、きちんと1日3回食事を摂ったほうが、身体の機能が正常に働き、痩せやすい身体になるのです。
と言うことで、無駄に食事の量や回数を制限するのはやめにしましょう。
しっかりと栄養を摂って健康的に痩せたほうが、より魅力的になれると思いませんか?

次に睡眠です。
当たり前ですが、人の身体は休養(特に睡眠)をとることによって回復し、副交感神経とホルモンの働きによって身体を休めることが出来ます。<br>
しかし、最近ではこの休養がしっかりととれていない人が多いようです。
確かに現代人は忙しい!      ただでさえ時間がないのに
さらに「深夜のテレビ番組が面白い!」、「映画のDVDが見たい!」、「寝ようとすると読みかけの雑誌が気になる!」
「家事、片付け、お風呂・・・やることがいっぱい!」
必要なことですけど・・・。全部終わったら「もうこんな時間?」みたいな感じです。
こう考えてみるとやはり現代人は忙しく、誘惑が多いです。しかし、なるべく休養はしっかりと摂るようにしてなければなりません。

なぜならば、休養が足りていない状態は様々なトラブルの原因になるばかりか、身体にとって危機的状況であるとも言えます。

そうなると、食事のところにあるように、危険を感じた身体は、次に入ってきたエネルギーをなるべく蓄えておくように働きます。
そんなところに夜更かしのお供である夜食を入れたら・・・後はおわかりですね。

最後は運動です。
これも基本的なことですが、やはり重要なのは「運動」です。
むしろ、これができていれば他の2つはついてくると言っても過言ではありません。
学生時代運動部だった、又はよく運動をされていた方ならばよくお分かりだと思います。
十分な運動があれば、自然とおなかも空きますし、ぐっすりと眠ることもできます。
「え!?結局運動・・・?」、そう思われたかもしれません。心配しなくても大丈夫です。
運動と言っても「毎日10km走る」「毎日腹筋を100回する」
こんな無茶ができるわけありません。

これからすることは、「1日わずか5分間の運動」だけです。

なるほど、バレリーナ体型

多くの人は、バレリ−ナは、練習であんな細い体を維持しているのではと思っているのではないでしょうか。

実は練習であんな細い体を維持しているのではないのです。

もちろん生まれつきの体質でもありません。

確かに練習をするのには間違いないのですが・・

実際、バレリーナはどちらかといえばよく食べます。

甘いものもたくさん食べますし、特に練習の後なんかは通常ダイエットと無縁で考えられないピザにコーラなんてのも当たり前に摂取します。しかも大量に・・

ダイエットに炭水化物、脂肪分は大敵とされ、何かと悪いもの扱いで敬遠されていますが、とんでもないことです。

いずれも人間が生きていくために必要とされる栄養素なんです。
生きていくためには必ず摂取しなければならないものなのです。

炭水化物、脂肪分の摂取を我慢すれば確かに身体は細くなるかもしれません。

しかし、それはやせたのではなく「やつれ」たのです。
決して健康的ではなく、皮膚も垂れ、つややかさもない、何よりも逆にストレスが溜まり、むしろ体調を崩してしまいます。

リバウンドのほぼ全てはこのような無理なダイエットの産物と言われています。
ではなぜバレリーナはあの体型を維持できるのでしょうか。

バレリーナは超が付くほど、スレンダーで、しかもしなやかな体つきです。
その裏には、体を細くするためのシークレットがあったんです!

ダイエットと必須脂肪酸

ダイエットのとって必ずついてまわるキーワードの一つに「脂肪」があります。
何かと敬遠されるこの脂肪ですが、ヒトにとって生命を維持するためには必要不可欠なものです。

そして、必要不可欠な脂肪の中でもヒトの体内では産生できない脂肪を必須脂肪酸といい、必ず体外から摂取しなければなりません。

ヒトを含めた後生動物には自身の生理代謝過程に必須であっても、自身では合成できない脂肪酸の分子種がいくつもあることが多く、そのため、自身では合成できない脂肪酸を合成する他の生物を食物として摂取することで必要を満たしています。

ヒトにとっては、多価不飽和脂肪酸といわれるものが必須脂肪酸で、次のとおりです。

リノール酸は、石鹸や乳化剤などの製造に用いられ、また、肌の保湿や、ニキビなどに対する局所的な抗炎症作用など肌に良い性質を持ち、化粧品にも使われています。

植物油に多く含まれ、特にベニバナ油(サフラワー油)やコーン油に多いのが特徴です。

体内ではアラキドン酸を経て、プロスタグランジンなどの生理活性物質の原料となるほか、細胞膜の膜脂質として多く見られます。
 
これはヒトを含む哺乳動物において、食餌からの摂取が不可欠であるためです。

必須脂肪酸の欠乏は、髪のパサつきや抜け毛などのほか、創傷の治癒の遅れが見られます。

また、血中コレステロール値や中性脂肪値を一時的に低下させる働きがあるが、過度の摂取はアレルギーを悪化させたり、大腸癌などのリスクを高めるといわれています。


γ(ガンマ)-リノレン酸
アトピー性皮膚炎や湿疹、炎症、乳癌[2]など、多様な疾患に効果があるといわれ、マツヨイグサ属の1種メマツヨイグサ Oenothera biennis の種子からとられる月見草オイルは特にγ-リノレン酸に富むことから、サプリメントとして広く販売されています。

アラキドン酸はほとんどの哺乳類にとって必須脂肪酸であると考えられていて、リノール酸を原料として
体内で合成されるが、種によってはこの機能が十分でないため必要な量を生産することかできないか、あるいは全く生産する機能を持ちません。

アラキドン酸は植物にはほとんど含まれないため、自ら十分な量を生産できない動物(ネコなど)は他の動物の捕食によって摂取する必要があります。


食物中のα-リノレン酸(ALA)
種油にはα-リノレン酸が豊富に含まれており、特にエゴマ、アブラナ(キャノーラ)、ダイズ、クルミ、アマ、サルビア、アサは顕著です。

また、ALAは広葉植物の葉のチラコイドの膜組織(光合成に関わる)からも得られます。
そのため、葉は草食動物の格好のALAの供給源です。

ALAの多い植物として、サルビア、キウイフルーツ、しそ(えごま)などがあります。


医学的根拠に基づいたプロが指導。

安全 催眠ダイエット

ちまたに広がるダイエット方法で成功する人が意外にも少ないのが現状なのは、すでに多くの方が身をもって体験していることと思います。
つまり、言い方が悪いかもしれませんが、ダイエット専門業者の小手先のテクニックによりリバウンドに苦しむダイエット法が出回っているのが現状だからです。
ところで、催眠を使ったダイエットをご存知でしょうか?
催眠を使ったダイエット? それはほとんど出回らなかった方法ではありますが、それはこれまでテレビ等で紹介されたことが無かったからです。
もちろん催眠は誰もが同じような効果になることはありません。

なぜなら自分の中のイメージが他人のイメージと違うからです。

理想的な体型を手に入れるのも具体的なイメージができなければ効果も半減してしまいます。

世の中の多くの成功者はビジネス面ばかりで注目されていますが、この方法はダイエットにも通用するのです。

“痩せる”目標設定は催眠を使ったイメージ力により早く効果が表れますし、右脳に催眠を使って痩せる暗示をインプットすることにより、より効果が表れます。

人間には考える脳(左脳)と想像する脳(右脳)があり、右脳の使い方が上手い人はダイエットも上手くいきます。
だったら、右脳を上手く使えない人はダイエットが上手くいかないのか?

違います。

右脳を使わなくてもダイエットは上手くいきます。
しかし、右脳を使わないダイエットは継続力と努力が必要になります。

右脳を使わないでダイエットを努力するか、右脳を使って手軽に痩せるのとどちらを選ぶでしょうか?
テレビでは深い催眠状態への誘導は犯罪などにつながり、悪用される可能性があるためすべてを公開していません。

一般の方が催眠と聞くと自分の意思が無くなり洗脳されると思いがちですがそんなことは一切ありません。
何故ならこの世の中はすべて催眠で成り立っているからです。

今欲しい物があるとすると、その欲しい物とは誰かが持っていたり、テレビ・雑誌で宣伝されているものです。
好きな人が所有していたり、何度もある商品を見ると欲しくなる習性があります。

催眠には個人差はあるものの、次第に必ず効果が現れてきます。
初めて見て、「絶対に欲しい」と心引かれた商品が店頭やテレビCM等で二度と見ることがなかったなら、購入することはないはずです! 

CMを何回か見ると脳に無意識に刷り込みが入り「買ってもいいかな?」との気持ちが芽生えます。
これが浅い催眠の入り口です。

大企業はそれを知っているので高好感度のタレントを使いCMに多額のお金を使っていまるのです。
そのお金を回収し利益が出るのに何百万人が浅い催眠にかかっているのです。

ぜひご自身で、ご自身をコントロールしてください。

ダイエット、その前に!

まず、ダイエットを考えるまえに

ヒトを考えてみます。

ヒトとは、動物界・脊索動物門・脊椎動物亜門・哺乳綱・サル目(霊長目)・真猿亜目・狭鼻下目・ヒト上科・ヒト科・ヒト属・ヒト種に属する、生物の一種であり、なおかつ動物の一種。「ヒト」はいわゆる「人間」の生物学上の標準和名である。

その学名「Homo sapiens」(ホモ・サピエンス)は「知恵のある人」の意味である。

とされています。

注目すべきは、「知恵のある人」であり、「ダイエット」という言語もこういうことからでてきたのでしょう。

人間が生きていく上に、有機栄養素のうち炭水化物、たんぱく質、脂肪は多くの生物種で栄養素であり、「三大栄養素」とも呼ばれます。


炭水化物は生物にとって大きく分けて

1 エネルギー源
2 形態構築の材料
3 分子的な「標識」

の3種類の働きを持ち、

タンパク質(蛋白質)とは、アミノ酸が多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつでです。

脂肪とは脂(あぶら)ともいい、動植物に含まれる栄養素の一つで、動物の体内に主に含まれている脂肪を動物性脂肪といい、動物性脂肪は飽和脂肪酸を多く含むので融点が高い。

また、脂肪は哺乳類の動物の栄養として、重要で、植物に含まれている脂肪を植物性脂肪といいます。

植物性脂肪は不飽和脂肪酸を多く含むので融点が低い。
このため、菜種油のように常温で液体なものが多い。ただ、ココナッツ油やカカオバターのように飽和脂肪酸を大量に含む油もあります。

脂肪酸とは、長鎖炭化水素の1価のカルボン酸であり、炭素数が多いもの。特に12以上のものを一般に
高級脂肪酸と呼びます。

脂肪酸はグリセリンをエステル化して油脂を構成し、脂質の構成成分として利用されるほか、ヒトを含む多くの生体内ではエネルギー源として好気的に代謝されます。

また、脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類され、

飽和脂肪酸はエネルギー代謝に重要な役割を果たすが、不飽和脂肪酸の役割はそれとは異なり、
動物実験により不飽和脂肪酸を欠くことで、皮膚障害、不妊などが引き起こされることからリノール酸、リノレン酸などが必須脂肪酸であることが示されました。

その後高度不飽和脂肪酸もプロスタグランジン類の原料や新生児・乳児の中枢神経系の発育の為に必須であることが示されました。

その中で、必須脂肪酸は、体内で他の脂肪酸から合成できないために摂取する必要がある脂肪酸であり、その理由として、多くの物質と比べて必要量が多く必須アミノ酸と同様に主要な体組織構成物質の
一角をなしていることや、三大栄養素であるタンパク質・炭水化物・脂肪のうち、脂肪分子の構成要素であることなどが挙げられます。   参考文献  -----Wikipedia-----    

以上により、少しは人間の生体構成がおわかりいただけることと思います。

どれも人間にとって、必要不可欠な要素なんです。

これらを理解した上でダイエットをしないと極端なことですが、人間本来の生きる意味が問われ、「苦しい、辛い」ダイエットとなり、「無理な食事制限、運動」のあげく「リバウンド」となられる方がほとんどなのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。