メタボリック・シンドロームと糖尿病とヘモグロビンA1C

糖尿病とヘモグロビンA1Cについて

糖尿病は血液中のブドウ糖の処理がうまくできない病気です。病院での検査はこのブドウ糖の2種類をしています。

1つは、その時点でのブドウ糖の量(血糖値)の測定です。朝食の時間が分かれば食後2時間値なのか、食前値なのかが分かります。

もう1つがヘモグロビンA1C(エー・ワン・シー)と呼ばれるものです。これは体中に酸素を運ぶ「赤血球」にくっついてしまっているブドウ糖の量を測定したものです。これにより過去2〜3ヵ月の平均血糖値が表われてしまうのです。

つまり前日や数日前から運動や食事制限をしても過去の不摂生は分かってしまうのです。

ブドウ糖は自然界に一番多くある炭水化物で、最も安全なものですが、いろいろなものにくっついてしまう性質がありこれが厄介なのです。

ブドウ糖同士で結合すればデンプンになったり、セルロース(繊維素)になったりします。

血液中にブドウ糖がたくさんある状態、つまり高血糖になると、赤血球に含まれるタンパク質、すなわちヘモグロビンにもベタベタとくっつきます。

ブドウ糖が多ければ多いほど、それに比例してくっつきます。したがって以前の平均血糖値が分かるのです。

体内での赤血球の寿命は約120日です。赤血球は骨髄で作られて、120日ほどで古くなって脾臓(ひぞう)で処理(壊される)されます。しかも毎秒500万個の赤血球が壊されていますから、ホントにどんどん入れ替わっているのです。

120日より前の赤血球は体の中にありませんから、ヘモグロビンA1Cは過去2〜3ヶ月の平均血糖値を表わすことになるのです。

自分でA1Cを測定できる装置もあるそうですが、病院で測定するのが通常です。

では、なぜヘモグロビンA1Cが重要なのかというと、ブドウ糖は身体を動かすのに大切なエネルギー源です。最後には水と二酸化炭素になるだけですので、とてもエコロジーでパワーのあるエネルギーです。

脳がこのブドウ糖をたくさん使う臓器だということはあまりにも有名です。

糖尿病ではない人の血液中のブドウ糖は、いつも正しいレベルに調整されています。

糖尿病の人はこの調整機能が壊れています。

血糖値がいつまでも高すぎると、目や腎臓、神経がダメージを受け、歯周病なども併発してしまいます。これが「合併症」といわれるものです。

最近は心臓や脳などの太い血管も高血糖の影響を受けることが分かってきました。

血糖、すなわち血液中のブドウ糖は2通りのルートから血液に入ります。

1つは食事に含まれる炭水化物がブドウ糖まで分解されて体に吸収されます。そしてもう1つは肝臓がブドウ糖を新しく作ったり、貯えていたものを放出してできるルートです。

糖尿病の治療では、この血糖をなるべく正常値に近づけることが大切になります。食事の炭水化物を制限したり、運動で消費させたり、必要があれば経口剤やインスリン注射をするのです。

ヘモグロビンA1Cが重要なのは、医師にとっての患者さんに対しての治療法が有効かどうかを判断する材料となりますので、決して患者を責めたりするために調べているのではありませんので、念のため。
もしA1Cが高いのなら何かを改善しなくてはなりません。単に血糖測定器が狂っているのかも…と思うのも良くありませんが、自分の意志が弱いから、なんて責める必要もまったくありません。治療が正しければそんなに無理をしなくても血糖はコントロールできるものです。

A1Cは4%〜5.9%が正常値です。日本ではA1Cを6.5%以下にするように指導されていますが、特に徹底されているわけではないようです。アメリカなどでは、目標値を6%未満という時代になってきたようですが・・。なぜなら、どこまでA1Cを下げれば合併症を起さなくなるかという基準が確率化されていないためです。

そのため、できるだけ正常値を目指すという方法が取られているのです。

メタボリック・シンドロームと肥満と糖尿病

肥満が与える健康への影響のひとつに糖尿病(Diabetes Mellitus: DM):(Diabetes=尿、Mellitus=甘い)があります。

糖尿病は糖代謝の異常によって起こるとされ、血糖値(血液中の糖の濃度)が病的に高まることによって、様々な合併症をきたす危険性のある病気です。

一定以上の高血糖では尿中にもブドウ糖が漏出し尿が甘くなる(尿糖)ため糖尿病という名が付けられました。

この血液中に含まれる糖というのはブドウ糖のことです。食事で取る三大栄養素の一つの炭水化物は、最終的にはブドウ糖として生命維持のために細胞が利用します。

細胞にとって大切な高エネルギー源ですが、筋肉や脂肪細胞のように多く必要とするものは、すい臓のランゲルハンス島から分泌されるホルモンの一種、インスリンが作用しないと細胞内に取り込めません。

食事で取ったご飯などの炭水化物の大半は筋肉細胞が取り入れて食後に血糖値の上昇を抑えるのですから、インスリンが不足している、あるいはインスリンは十分に分泌されていても、正常に作用しなければ血液中のブドウ糖はどんどん増えてしまい、ある濃度を超すと尿にブドウ糖があふれ出ます。

このようにして血糖値が非常に高い状態が続くと、口の渇き、頻尿、多尿、目のかすみ、だるい感じなどの症状がでます。何もしないのに体重が減少して気づくこともあり、これらの高血糖の症状で病気が見つかるケースが多いのです。

糖尿病は大きく2つに分類されます。

・1型糖尿病
インスリン依存型糖尿病ともいい、膵臓のランゲルハンス島でインスリンを分泌しているβ細胞が死滅する病気です。
糖利用をして血糖を下げるホルモンであるインスリンの分泌が極度に低下するか、ほとんど分泌されなくなるため血中の糖が異常に増加します。
さらに、血中に自らの膵細胞を攻撃する自己抗体が認められるものを1A型(自己免疫性)、ないものを1B型(特発性)と細分されます。
飲み薬は無効で、患者は必ず注射薬のインスリンを常に携帯し、毎日自分で注射しなければはなりません。
インスリンを注射しなければ、容易に生命の危険に陥ります。
また、1型糖尿病のなかでも、特に20歳を過ぎてから発症する「劇症1型糖尿病」という、数日間でインスリンが枯渇するさらに危険な病気もあります。
診断の基準としては抗GAD抗体、抗IA2抗体が陽性かどうかが重要で、2型と違い遺伝素因は少ないとされています。
また、生活習慣病である2型とは違い、1型は生活習慣病ではありません。
1型糖尿病では甲状腺疾患を合併しやすいことが知られているため特に女性では注意が必要です。

・2型糖尿病
インスリン非依存型糖尿病ともいい、インスリンの分泌低下と感受性低下の二つを原因とする糖尿病です。膵臓のインスリン分泌能低下が重要な原因となります。
少なくとも初期には、やせた糖尿病となり、遺伝的因子と生活習慣がからみあって発症する生活習慣病で、糖尿病全体の約9割を占め、基本的には除外診断によって診断していきます。
突然に発症することはなく、多くは高血糖の症状が目立つようになってから血液や尿検査で発見されます。

気をつけるべき点として、2型にみえる1型糖尿病が存在するということです。
1型にしては30〜50歳で発症と発症年齢が高く、臨床像は2型そのものですが徐々にインスリン依存状態に陥っていきます。

遺伝的に糖尿病になりやすい体質の人が、糖尿病になりやすいような生活習慣を送ることによって2型糖尿病になると考えられています。

メタボリック・シンドロームと高血圧との関係

日本高血圧学会では、収縮期血圧(最高血圧)が140mmHg以上、拡張期血圧(最低血圧)が90mmHg以上の場合は高血圧症と診断され、160/100mmHg以上の場合は重症高血圧とされています。
高血圧が長く続くことにより、動脈硬化へと繋がり、様々な合併症を引き起こします。

・脳血管障害-脳卒中の内、脳梗塞、脳出血
・心臓疾患-虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心肥大等
・腎臓疾患-腎障害(腎不全)
・血管疾患-動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、高血圧性網膜症
・代謝内分泌疾患-高尿酸結晶

などがあげられます。

予防と治療
まだ高血圧と診断されていない人は、予防が必要ですし、高血圧の人は治療が必要となってきます。

食事療法
減塩(ナトリウム制限)-原因によらず、塩分(塩化ナトリウム)摂取の制限は必須となります。天然塩はミネラル豊富なため多く摂っても高血圧にならにくいなどの宣伝がありますが、このようなことを信じることは非常に危険です。問題は食塩の質ではなく量であるからです。また、炭酸水素ナトリウム(重曹)もナトリウム源となることを見落としてはいけません。

アルコール制限-アルコールの摂取では一時的に血管が拡張し血圧が下がりますが、飲酒習慣は血圧を上昇させることは常識とされています。毎日の飲酒習慣は 10歳の加齢に相当する血圧値を示すとされてい説もあります。大量の飲酒者は急にアルコール制限を行うと一時的に血圧上昇をきたすことがありますが、継続的なアルコールの制限により数日後からは血圧は下がります。

エタノール換算量は、男性が20〜30ml/日(日本酒換算1合前後)、女性が10〜20ml/日。これ以下にするのが理想です。しかし、これくらいなら大丈夫ということではなく、これくらいでも高血圧には良くないので、できる限り、飲まないとすることが望ましいです。アルコールの摂取量と高血圧リスクの量は、最新の統計ではほぼ比例するようです。

禁煙
喫煙など動脈硬化を促進する生活習慣も断つ必要があります。喫煙はβ遮断薬の降圧効果を減じる作用があるからです。

その他生活習慣
研究から寒冷が血圧を上げることが示され、季節では冬季に血圧が高くなります。高血圧の人は冬季の寒冷刺激を緩和するために、トイレや浴室などの暖房も望まれます。できることなら家の中全体を一定の温度を保つことが必要です。入浴時の湯温は熱すぎたりせず、また、冷水、サウナは避けたほうがよいでしょう。トイレでは排便時のいきみは、血圧を上昇させるので避けるべきです。

適度な運動
散歩は歩くことで精神的にも解放されます。また、新陳代謝も活発となります。適度な運動は、心身共に癒しをもたらす効果がありますが、運動に対して体調に不安がある場合は、医師や専門のトレーナーに相談するのをお勧めします。

なお、過激な運動は逆効果となりますので、注意してください。

その他薬物療法(降圧剤服用)があります。

メタボリック・シンドローム 肥満のリスクファクター

肥満はさまざまな疾患の危険因子(リスクファクター)となります。

高血圧
血圧が正常範囲より高い状態が維持されている状態を言い、日本高血圧学会では、収縮期血圧(最高血圧)が140mmHg以上、拡張期血圧(最低血圧)が90mmHg以上の場合は高血圧症と診断され、160/100mmHg以上の場合は重症高血圧とされています。

高脂血症(脂質異常症の血中脂質が過剰のもの)
血液中の脂質(脂肪)が過剰になり、いわゆる血液がドロドロになる病気です。血液中には、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類の脂質が溶け込んでいますが、これらが過剰になると問題となるのは、コレステロールと中性脂肪です。

高脂血症には、
・高コレステロール血症:血液中の総コレステロールが220mg/dL以上のもので、生活習慣での高脂血症の多くがこれに当たります。

・高中性脂肪血症:中性脂肪のほとんどがトリグリセリド(TG)であるため、高TG血症とも呼ばれています。血液中にトリグリセリドが150mg/dL以上のもので、内臓脂肪型肥満の人に多いのが指摘されています。
・高LDLコレステロール血症:俗に「悪玉コレステロール」と呼ばれ、140mg/dL以上の低比重リポたん白が血液中に存在するものです。コレステロール検査値の中では唯一、心血管疾患の絶対的リスクファクター(危険因子)であり、他の検査値であるHDL、トリグリセリド(中性脂肪)と比較した場合、明らかに重要度が高いと言われています。
・低HDLコレステロール血症:俗に「善玉コレステロール」と呼ばれ、40mg/dL未満の高比重リポたん白が血液中に存在しなく、特に女性の方において、心血管疾患の重要なリスクファクター(危険因子)となりうると言われています。

これらの高脂血状態が続くことにより、血管内壁(血液が通る場所の壁)に脂質(脂肪)が沈着し動脈の壁が厚く硬くなっていく(動脈硬化)となり、その結果として、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの合併症を引き起こす可能性が非常に高くなります。

また、自覚症状がまったくないことから、「沈黙の殺人者」とも呼ばれる大変恐ろしい病気です。つまり、突然襲ってくるのです。

メタボリック・シンドロームと肥満との関係

肥満の原因として、

食生活習慣
WHO(世界保健機構)の2003年報告書によりますと、肥満を増加させる要因には、
・高カロリー食品
・飽和脂肪酸(動物性脂肪などに多い、)、
・ファーストフード(アメリカ資本のチェーンが作り出した、安く手軽に食べられる高カロリー食品)、
・砂糖が添加されたジュース
が挙げられています。

近年は種類も多く、コンビニエンス・ストアで手に入るペットボトルの清涼飲料水を、時間を問わず飲む傾向が強く、糖分の過剰摂取が指摘されています。また、缶コーヒー等も同様です。
他に肥満になる親と同じ食生活の子は、親と同じく肥満になる事が多いとされています。これは、食事でよく噛まずに飲み込んだり(満腹中枢が刺激される前に次の食物が喉を通過)するために、過食となるようです。

遺伝性の説
過食よりも遺伝子が重要な役割を果たしていてるという認識のもと、その道の研究者の間では前提となりつつあるそうです。
体は一定の体重を保とうとする機能があり、そして、その人にとっての標準な体重は遺伝子によって決定づけられている。

したがって、その人が太っていてもそれは、本人にとっては正常な状態であるということだそうです。

他には睡眠時間が肥満に大きく影響しているという研究者もいるみたいですし、肥満は伝染病であるという研究が発表されています。

これは、2007年7月に 、フラミンガム心臓研究で、社会環境が関与していて、肥満は社会的絆を介した伝染病であることが示されました。この研究によると、隣人には伝染はしないが、友人、兄弟、夫婦の関係を通して伝染し、異性よりも同性に伝染しやすいことが明らかとなった。とされています。

雰囲気でつられて食べてしまう、付き合いで食べてしまう。といったところでしょうか?

メタボリック・シンドローム 肥満について

一般的に身長による標準体重より概ね20%以上を肥満と呼ばれています。

体重による肥満の判断として一般的にBMI(Body Mass Index:ボディマス指数)が用いられ、
BMI=体重(s)/身長(m)の2乗 で表し、
・18.5未満なら低体重
・18.5以上25未満なら正常
・25以上30未満なら肥満(1度) ・・これ以上を肥満と位置づけ
・30以上35未満なら肥満(2度)
・35以上40未満なら肥満(3度)
・40以上なら肥満(4度)

であり、
日本肥満学会では、BMI=22を標準体重としています。

ただし、BMIは身長と体重から単純計算した値となるため、たとえ25以上でも、はたして脂肪によるものなのか、筋肉質によるものなのか判断に迷いが生じるため、体脂肪率から見ることにより判断材料とすることができます。

体脂肪率の標準は、男性で15〜19%、女性で20〜25%で、これを上回ると肥満と判断されます。
これにより、脂肪体質か筋肉質かがわかります。しかし、その測定方法は様々であり、市販されている体脂肪率を測定できる体重計がありますが、誤差もあるようですので一応の参考として使用するのがいいようですし、使用するのであれば目安として毎日同じ時間に測定(例:起床直後の空腹時等)すれば、ご自身の体脂肪率の増減を比較することは十分可能であると思われます。

正確な体脂肪率を測定するのであれば、CT・MRI等で体脂肪面積を測定し(かなり難しそう)、そこから体脂肪率を推測する方法が正確と言われています。

メタボの予防(健康診断)

メタボリック・シンドロームは「苦しい、辛い、痛い」と言ったような具体的症状は出ません。

前にもご紹介した下記のとおり、
判断基準は、上半身が肥満(リンゴ型肥満)の場合は動脈硬化症になる可能性が高いとされているため、
・ウエスト(おへその高さで測定)が男性で85p以上、女性で90p以上が前提とされ、
・血液検査で中性脂肪150mg/dl以上かつ、またはHDL(善玉コレステロール)40mg/dl未満
・収縮期血圧(上)130mmHg以上かつ、または拡張期血圧(下)85mmHg以上:(130/85)
・空腹時血糖値110mg/dl以上

これらのことから、肥満、高脂血症、高血圧、高血糖などの複数の病気から成るため、特定の薬を処方され治療するのではなく、これらから動脈硬化を予防し、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な合併症を予防することを目的としていますから、まずは生活習慣の改善を目指すことが大切です。
したがって、睡眠(質の良い)が取れているか?。適度で定期的な運動や食生活が成されているか?。喫煙をしていないか?などを見直し、改善する。といったような普段からの生活の積み重ねを重視した治療(生活改善)を主眼としたものとなります。

メタボリック・シンドロームは主に健康診断等で判断されます。健康診断は普段通りの生活を送っている上での検査となりますが、正確な検査結果を得るためには前日の生活行動が大きく影響します。

たとえば血糖値は「前夜から10時間以上絶食し、朝食を摂る前に測定した血糖値」と定義されていますので、検査時間に合わせた前夜からの絶食が必要となってきます。

なお、血糖値は睡眠にも影響するとされていますので、絶食時間に関わらず極端な睡眠不足での健康診断も控えたほうがよさそうです。

メタボの定義

近年すっかり定着した言葉ですが、メタボリック・シンドローム(代謝症候群):通称メタボとは、内蔵脂肪型肥満に高血圧、高脂血症、高血圧が合併した状態をいい、以前は死の四重奏(高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満)、シンドローム・エックス(生活習慣病の3大要素:高血圧・高脂血症・糖尿病、がインシュリン抵抗性を基礎に集積して、心血管障害を引き起こすという学説)、などと呼ばれていました。
メタボリック・シンドロームの柱となる肥満・高血圧・高脂血症・糖尿病の存在が、以前から動脈硬化に関わっていると知られていたのですが、なぜ今頃になってメタボリックシンドロームという言葉が使われるようになったかというと、現在、生活習慣病の増加に深く関わっているのです。
医学の進歩、医療チームのレベルアップなどにより、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、脳血管障害(脳梗塞等)などによる死亡率は低下しましたが、病気になる人が減っているわけではなく、さらに予備軍を含めると2,000万人とも言われています。
高血圧や高血糖はそれぞれの形態でも充分リスクが高くなりますが、これらが重なることによってさらに動脈硬化になる可能性が高くなるとされ、日本人の生活も欧米の影響でにより、生活習慣が変わってきました。

そこで、メタボリック・シンドローム該当者とその予備軍に対し、メタボリック・シンドロームの概念を応用し、動脈硬化症を予防する。そして、平成24年度末までに10%減、平成27年度末までに25%減とする数値目標を掲げ、それに伴い医療費の削減を目的とし、特定保健指導を行うことを義務化したのです。

このことにより、現在社会問題化されている医師不足も解消するのではないでしょうか。

ちなみにメタボリック・シンドロームの判断基準は、上半身が肥満(リンゴ型肥満)の場合は動脈硬化症になる可能性が高いとされているため、

・ウエスト(おへその高さで測定)が男性で85p以上、女性で90p以上が前提とされ、
・血液検査で中性脂肪150mg/dl以上かつ、またはHDL(善玉コレステロール)40mg/dl未満
・収縮期血圧(上)130mmHg以上かつ、または拡張期血圧(下)85mmHg以上:(130/85)
・空腹時血糖値110mg/dl以上

とされています。現在、健康診断では必ずお腹周りを測定されます。(お茶のCMでもありましたね)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。